So-net無料ブログ作成
検索選択

パリへ向けて出発<パリ・モンサンミッシェル6日間①(全5回)> [nononnの旅シリーズ]

お久しぶりです。実に3ヶ月ぶりの更新でございます。

8月19日~24日に6日間のフランス旅行に行ってまいりました。

ということで、旅行記をいくつかの記事に分けて書かせて頂きます。

(絵につきましては、軽い感じに描いたので微妙ですが、ご了承下さい・・・親しみやすい絵にしたつもりです)



ののんのパリ・モンサンミッシェル6日間.jpg

初めてのヨーロッパ旅行で、ずーっと前から憧れだったので本当に感動の連続でした。

この旅行の主な目的は、世界遺産を観る。歴史に触れる。文化に触れる。・・・です。

(ブランドやショッピングについてはほとんど書かれていないのでご注意ください・・・)

日程を紹介すると、こんな感じです。

【1日目】

朝  福岡
↓ 
夕方 パリ着

【2日目】

~自由行動~

【3日目】

朝 パリ発

昼 モンサンミッシェル着

【4日目】

朝 モンサンミッシェル発

昼 パリ着

【5日目】
朝 パリ発

【6日目】
朝 福岡着

パリでの行動は1日と午後半日。
モンサンミッシェルでの行動は約21時間(睡眠も含めて)。

お察しの通り、弾丸に近いです (笑)
でも効率的に回れたので大満足です。

この記事では1日目を紹介します。



8月19日(月) 福岡空港


一応、旅行会社で申し込んだので、空港で集合時間がありました。

出発2時間前に空港3階で集合でした。

空港で円をユーロに両替して、荷物を預けて、手荷物検査の後、出国審査です。

意外と時間がかかります。

ちなみに、福岡空港国際ターミナルはアジア諸国に行く便がほとんどです。

ベトナム航空、シンガポール航空、中国の航空、タイの航空、大韓航空・・・色々ありました。

KLMオランダ航空の飛行機に乗るには、ターミナルからバスに乗らなければなりません。

まずは、ゲートに乗る行列に並び、そのまま進んでバス(普通の西鉄バスのような形)に乗る行列に並びます。

意外とここまでくるのに時間がかかりました。

飛行機の前に到着。

IMG_0005.JPG

そういえばこんなに近いのは初めてかな?

飛行機に乗る直前に新聞を無料で配布していました。(机の上にありました)

ちなみに毎日新聞でした。この日のトップは桜島の噴火。

座席は窓際でした。長時間なので、ありがたいです。

ついに離陸。福岡の景色がよく見えます。

香椎?付近の3本のタワーマンションがよく見えました。

途中に釜山?らしきものも見えました。

IMG_0007.JPG

1回目の機内食がきました。

IMG_0010.JPG

さすがオランダ航空。ゴッホの絵が印刷された蓋。

IMG_0011.JPG

日本食と肉?のどちらかを選ぶのですが、日本食しか残っていませんでした。

まあまあ美味しかったです。

機内の座席には画面がついていて、映画を観ることができます。

種類は、一部のみしか覚えていませんが、

【洋画】
ライフ・オブ・パイ、レ・ミゼラブル、リンカーン、300、グラディエーター、ホビット・・・etc

【邦画】
藁の楯、 桜、再びの加奈子   (邦画は2本でした)

【子供向け】
メリダ、ビバリーヒルズ・チワワ、ピーターパン・・・etc

でした。

私は、行きに4本観ました。一番おもしろかったのは「藁の楯」でした。

期待通りに面白かったです。最高に面白かったです。

ストーリー的にもわかりやすいです。

・・・本題に戻ります。

IMG_0015.JPG

窓際なので、トイレに行くときは少々大変でした。

トイレは真ん中にも後ろにも(前は確認していません)あります。5個はありました。

2度目の機内食。もはや何だか忘れてしまいました。

IMG_0016.JPG

約12時間のフライトは、やはり長く、途中で肺あたり?が痛くなりました・・・

深呼吸をすると楽になった気がします。

トイレで待っている間は手足を回したり、足を動かしたり、少し運動をします。

そんなこんなでオランダの風景が見えてきました。まさにハウステンボス。

本当に平べったい土地なんですね。水が多かったです。

運河が何本もあります。いやぁ、いいですね。ハウステンボスみたい。

IMG_0017.JPG

やはり本場。KLMオランダ航空の飛行機がたくさん並んでいました。

オランダ・スキポール空港にて乗り換えです。現地時間は出発と同じ日の15時。

まずはオランダに到着~

IMG_0018.JPG

IMG_0019.JPG

綺麗な空港。トイレに行ってみましたが、3人ほど並んでいました。1分くらいで入れました。

トイレも綺麗。

あれ?外国って日本ほど綺麗ではないはず・・・

乗り換えもそんなに時間の余裕はありませんでした。

お店をほとんど見ずに飛行機へ。

オランダかからフランスまでの移動は、小型に近い飛行機に乗りました。

IMG_0020.JPG

フランスが見えてきました。

オランダと違い、畑?がずっと広がっています。

建物はあまりなく、ひたすら畑です。

40分くらいの短いフライトでフランスに到着。

フランスにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

17時40分頃です。(既に日本は24時過ぎてます。)でも眠くない(´・ω・`)

IMG_0021.JPG

シャルル・ド・ゴール空港に到着です。

到着した瞬間、匂いました。

下水道のような匂いがしました。

・・・これがフランスね。なるほど。噂に聞く通りですわ。

オランダの方が綺麗なんでしょうかね。

荷物が出てくるのを待って、荷物をカートに乗せて、

ゲートから出ると、外人さんがいっぱいこっち見て待っていました。

待つ人達.jpg

「日本語を話すドライバー」さんがいるはずなので、探してみます。

いました。日本人の女性の方でした。フランス在住なのかな?

荷物のカートを持ってくれました。

その方に少し待ってもらって、ミュージアムパス(4日分)を購入しました。

実質2日分しか使えないのですが、1日あいて2日間だったので、しぶしぶこちらを購入。

(ミュージアムパスは連続した日数しか使えません)

じゃあ、3日分買えばいいじゃない。

残念なことに2日分(5000円)、4日分(7100円)、6日分(9100円)しかありません。

つまり、4日分を買わざるを得ないのです。

このミュージアムパスは、現地では基本ユーロかクレジットカードでの支払いだと思います。

日本にいる間にネットで買う方法もあります。

送料がいる場合もありますので、よく考えてくださいね。

ただ、噂通り、このミュージアムパス、よく使えます。

いわば、ディズニーランドの有効期間なら何度でも使えるファストパスのようなもの。

これを見せるだけで特定の施設なら通常とは違う列に並べます。

すごい行列の横に誰も並んでいない列があります。そこがミュージアムパス専用の列。

値段が元をとるかはわかりませんが、無駄な時間を省きたいならオススメです。

このパスは、いろんな施設で使えます。少し紹介。()内は有名な展示物。

ルーブル美術館(モナリザ、ミロのヴィーナス、ハンムラビ法典・・・等)
オルセー美術館(ムーラン・ド・ラ・ギャレット、草上の昼食・・・等)
オランジュリー美術館(大きいモネの「睡蓮」が見どころ)
中性美術館(貴婦人と一角獣のタペストリーなど)
下水道博物館(レ・ミゼラブルの主人公が逃げる水道。臭いらしい。ネズミもいるらしい。)
凱旋門
ノートルダム大聖堂
サントシャペル(ステンドグラスが綺麗)
コランジュリー(マリー・アントワネットの独房がある牢獄)
パンテオン(ヴィクトル・ユゴー、キュリー夫妻、ヴォルテール等のお墓)

ヴェルサイユ宮殿
フォンテーヌ・ブロー

他にも色々な施設で使えます。


ミュージアムパスを購入した後、車でホテルまで送迎してもらいます。

空港から外に出た瞬間、驚きました。

涼しい!!夏!? というような感じです。

日本でいう秋です。


送迎車は・・・ベンツでした。車内広い!左ハンドル!

車の中で色々とフランスのことを教えていただきました。

ちなみにシャルル・ド・ゴール空港からパリまで早くて40分。

(バスだと60分。混雑時だと1時間~2時間だそうです)

あれがモンマルトルですね、と言われたので見てみると・・・

サクレクール寺院が!   丘の上なのでよく見えます。

パリに入りました。街並みが~~~~!!!!

IMG_0022.JPG

ヨーロッパキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!という感じです。

どこを見てもパリです。初めてなので大いに感動。

これが憧れのヨーロッパ!!

レベルが高すぎる.verのUSJの街並みみたいです。

というか本物ですものね。


泊まる予定のホテル:ニュートンオペラに到着です。

プチホテルなのでこじんまりしています。ちなみに星の数は★★★です。

トリップアドバイザーでレビューを確認したら、微妙な反応が多かったです。

なんとなく納得・・・?

フロントに男の人がいました。バウチャー(紙。予約の証。)を渡します。

2連泊後、1日空けて、また1泊?と聞かれたので肯定。

なんだかわかりにくい・・・。大体、なまり英語だと覚悟していたので、まあいいかなぁ。

あまり愛想も良くないです。サービス大国日本のすごさを少し実感。

部屋は5階でした。すなわち日本の6階です。(つまりフロントはフランスでいうと0階です)

1フロアに4つほどしか部屋はありませんでした。

とりあえず入室。


IMG_0023.JPG

IMG_0025.JPG

IMG_0026.JPG


まあまあです。写真では写っていないのですが、

浴室の床には黒髪ではない長めの髪が何本か落ちていました。

・・・ベッドは綺麗なので掃除は完了しているはずなのですが、まあ、これが完了の水準なのですね。

日本でも髪が落ちていることはありますが、数が違いますね(笑)

ここは海外。ちなみにお風呂はバスタブ付きではあるのですが、栓はあるときと無いときがありました。

(1泊目は、写真通り、ありましたが、2泊目はなかった(何でだろう?)です。

 その後1泊して部屋がチェンジした時にはおとしぶたみたいな栓がありました)

トイレットペーパーホルダーはついていませんでした。

(これも、その後1泊した時にはありました)

トイレの上にトイレットペーパーが2個置いていました。

部屋からの眺めは・・・

IMG_0024.JPG

小さい道沿いです。夜は少し騒音は聞こえましたが、窓を完全に閉めたら全く聞こえませんでした。

まだ夕方。それに、旅行パックに1回分のディナークーポンがついていたのでそれを使うことに。

メトロでマドレーヌ駅からオペラ座前の駅まで移動。

街並み綺麗・・・

IMG_0028.JPG

オペラ座です↑

IMG_0029.JPG

IMG_0030.JPG

IMG_0031.JPG

午後8時近くでしたが、こんなに明るいです。

ビストロ・ロマンというチェーン店のクーポンですが、このクーポン、1店舗でのみしか使えません。

しかもわかりにくい・・・。(当日配られた)地図が無いと厳しいかな・・・。

建物の3階部分にあります。おしゃれな階段を登って・・・ついに到着。

英語付きのメニューなのですが、わかりにくかったです。

フランスに行く前に、少しメニューの表現を覚えていたほうがオススメです。

意外とすぐに注文を聞きに来られたので、ささっと適当に決めました。

フランスで出てくる水は水道水。日本の水道水とは違うそうです。

日本人はお腹を壊す可能性があるらしいので、お金を気にしない方はミネラルウォーターを注文するそうです。

”A bottle of water ”(ボトル オブ ウォーター)といえばいいそうです。

そしてこのミネラルウォーター、2種類ありまして、ガス入り、ガス無しあります。

ガスなしがいい時は”Non gas”と言えばいいそうです。


まずはサラダ。

IMG_0032.JPG

量は多いですが、美味しいです。でも味が濃いので、お腹いっぱいになりやすいです。

もうこれで十分だ・・・と思ったら、次はメイン。

私はこれを注文。

IMG_0034.JPG

ポテトは大好きなのですが、揚げたてではなく、温めただけな感じで、味はしなかったです。

ステーキ。分厚いです。切ると、赤いです。表面だけ焼いたものです。

私はいつも好んでよく焼いた肉を食べるので少し抵抗がありました。

ソースは・・・不思議な味がしました。

うーん・・・。量が多い。味は5段階で2ぐらいでしょうか。

あくまで私の好みなので、あまり参考にしないほうが・・・いいかもしれないです。

でも女性には多すぎるかな。(しかも日本時間では午前3時。到着した日なので、なかなかしんどい)

USAさん(今回の旅に同行してくださった方です)は、これを注文。

IMG_0035.JPG

パスタの中には何も入っていません。ひたすらパスタです。

USAさんは、パスタには手をつけていませんでした。

メインを完食できそうにもない私達は、遂にお店の人を呼びました。

Full?と聞かれたので、肯定。

デザート来ました。

IMG_0036.JPG

・・・案の定、量が多いです。直径13センチくらいはあるかな。

甘いです。まあ美味しいのは美味しいのですが、ずっと食べていると苦しくなります。

(元々甘いものより、つまみ系が好きなので尚更・・・)

でも、なんだか悪いので完食しようと試みました。

残念ながら最後の一口ぐらいに、限界がやってきました。

頭がくらくらしてきました。日本では夜中。

飛行機では1時間程しか寝ていないので、納得。

さすがに吐きそうになったので、やめました。

USAさんも半分も食べてないくらいかな。

IMG_0038.JPG

ティラミスなのですが、やはり量が多い。

デザートも完食せずに”Check,please”と店員さんを呼び止めてお会計。

クーポンを使ったのでミネラルウォーター代5ユーロくらい。

たくさん残してしまって申し訳ないので少しチップを。

店員さん大喜びwちょっとやりすぎたかな・・・ 笑

さすがに夜10時になっていたので、暗いです。

タクシーでホテルまで移動。

フランスではタクシー乗り場でタクシーに乗るのが基本。

TAXI乗り場を探して、そこのタクシーに乗ります。

やさしそうなおじさんのタクシーでした。

ホテルのフロントに置いていたホテルの名刺みたいなカードをタクシーのおじさんに見せたら

スムーズに帰れます。重宝しました。

安全運転で、運んでくれました。

IMG_0039.JPG

現金で払ったのですが、運転手さんは全ておつりを返してくれたので、少し小銭のチップをあげました。

Merci.(メルシー)(←ありがとう)と言われました。

私達がホテルに入るまで、何気に待っててくれました。


すごく眠かったので、早めに寝ました。

不安症の私は、ベッドのスーツに何箇所か虫よけスプレーをかけました 笑


次の日は1日パリ自由行動。バリバリ回るぞ~、というノリで寝ました。

意外と、部屋が蒸し暑くて、なかなか寝れませんでした。

窓を開けると涼しいです。日本でいう秋。

途中で目が冷めました。寒かったので窓を閉めました。

そして寝ました。


次の記事に続きます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。